注目キーワード
  1. フレンチ
  2. イタリアン
  3. せんべろ

初の雲丹しゃぶ 新宿三丁目「いちりん」

※コース料理、アラカルトメニュー、飲み放題の内容などが店舗や期間によって異なる場合があります。ご予約の際は必ず詳細をご確認ください。
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。


日がなYou Tubeばっかり見ています。大食いとかグルメ紹介とか…

オバマ元大統領が来日された際に、安倍首相と会食したお店の紹介があり「雲丹しゃぶ」に心奪われ来店することに。

ちょっとわかりにくい入り口

最寄り駅は新宿三丁目ですが、ちょっと歩きますね。

見つけにくい入り口ですが、この造花の刺さった小さな看板が目印。

カウンターメインで、テーブル席も少しありますが、先客が多数。

年齢層の若い人も多く、テーブル席は会社の飲み会で来店している方も多く見受けられました。

今回は飲み放題付き6,500円のコースにしました。

予約する直前にコースの設定がちょっと変わったのですが、You Tubeではもっと高いコースを食べていました。

飲み放題はこんなかんじ。

1時間半でラストオーダーですが、グラスが空くまで…などとせこいことは言わないので、グラスが半分以上空いているようであれば、どんどん持ってきてくれました。

もちろん残酒はマナー違反なので気をつけましょう。

2時間コースなので、お料理もあっという間に出てきます。

まずはお通し。卵焼き、なます、マグロの煮付け。

何気ないのに全員が「美味しい!」と口を揃えた18種類の欲張りサラダ。

お造りの盛り合わせ。

お魚の鮮度もよく、中トロ、ハマチ、鯛と、どれも程よく脂がのって身の締りのいいお刺身でした。

雲丹と鮮魚のお椀。

甘めに味付けたお出汁に、半生に火入れしたホワホワな鯛と雲丹が入っています。

しっかりと煮込まれたネギなどの野菜にも出汁がシミシミで、素材の旨味たっぷりといったところ。

濃厚な雲丹コロッケ

You Tubeで見ていてとても気になった雲丹のコロッケ。

刻み海苔で雲丹の棘を表現しているのでしょうか。

割ってみるととろみのあるオレンジの液体が、とろりと溢れてきます。

もっと磯感のある味を想像していたのですが、雲丹のクリームソースという感じで、こちらもかなり甘め。

お酒と一緒なら、もう少し塩分が強くてもいいかな…と思いました。

この液体を包んでいるので衣も結構厚いので、濃厚なクリームとの相乗効果でお腹にガツンときます。

いよいよ初体験の雲丹しゃぶ

ついに雲丹しゃぶの素材が用意されました。

大量に雲丹が溶けているのか…まオレンジです。

しゃぶしゃぶするのは、お肉ではなく海鮮。

お刺身でも行けそうな鮮度の素材を雲丹の溶け込んだ出汁に入れてしゃぶしゃぶする贅沢。

なんとか、生うにはまま食べたい気分ですが…

お店の方が贅沢に全部鍋に投入。半生の雲丹も良き。

雨が降っていてちょっと寒いくらいでしたが、沸き立つ湯気とともに一気に体温もヒートアップ。

先に投入された海老が程よく煮込めましたので引き上げます。

雲丹の甘みなのかもしれませんが、やっぱりかなり甘めに味付けされたお出汁。

雲丹の出汁を吸った海老の脳みそは、アミノ酸が乗算されて旨味爆発です。

こういう時は、遠慮なくチューチュー吸ってしまいましょう。

海老に隠れていましたが、ホタテ、酒、鯛、ヒラメ(もしくはカレイ)も。

野菜もたっぷり入っているので、量的にも満足で、かなりお腹いっぱいになりました。

野菜と海鮮の出汁がでた雲丹スープを使って、最後は雑炊。

こちらはお店の方が厨房に持っていって作ってくれます。

海苔が入ると磯感が増していいですね。雲丹と卵も相性がいいですから。

 

自分で料理を作るときも、やや甘めな味付けにしますが、こちらのお店のお料理は総じて甘い気がします。

雲丹や素材の甘みも大いにあると思うのですが、お酒を飲む場合はもう少し塩分がほしいな…と思ってしまいました。

 

食べログではサービス料が10%加算されるような表記でしたが、消費税だけでした。

コースには最初から入っているのかな…。

 

参考にさせていただいた動画はこちら↓↓↓

 

食べログから予約

いちりん (新宿三丁目/日本料理)の店舗情報は食べログでチェック! 【喫煙可】口コミや評価、写真など、ユーザーによるリア…

お店へのアクセス