注目キーワード
  1. フレンチ
  2. イタリアン
  3. せんべろ

カフェdeモツ鍋忘年会 曳舟「より道カフェ ツインリーフ」

  • 2017年12月23日
  • 2019年9月28日
  • カフェ
  • 10view

お友達が主催する大人数の忘年会に参加しました。

京成線曳舟駅にあるカフェが会場です。遠い…初めて下りた駅です。

素敵なご夫婦が切り盛りするかわいいカフェ

看板は明らかにカフェなのですが、予想を裏切る独創的なお料理が…

先付けは、ホタルイカの沖漬け、塩辛、〆小鯛、ずんだと数の子のわさび和え。

かわいいかぼちゃスープ。でもこれ全然甘くない。

かぼちゃ以外にもセロリやたまねぎなどの香味野菜を使い、たっぷりの酢で味付けされてて、酸っぱいスープなんです。

これはやや暴走気味かと思いました。視覚と味覚のギャップに脳が軽いパニックに…

しかしカフェなのに、THE和食居酒屋のようなお料理の数々に、いろんな意味で期待が膨らみます。

この日一番ビックリしたお料理がこちら。

周りはお刺身の鯛。中が山芋と大根を卵白でかためたもので、一瞬ムースのような質感に。

蒸してるのに大根が生っぽく、でも辛くないという未経験な舌触りと味。

下のソースはカニ味噌アレンジ。あっさりと濃厚のコントラストも素晴らしい。

鴨肉のたたきを自家製の柚子胡椒で。

お酒は持ち寄りで

この日のお酒は持ち寄りでした。日本酒縛りで、様々なお酒が集まりました。

こちらは力士さんの非売品。

蔵元さんにお子さんが生まれたので、内祝いで頂いたものとか。お花のような吟醸香でカンパイ酒にふさわしい華やかさ。

酒好きのお友達がお米を作っている「名草の穂光」。

醸造は栃木の開華さんにお願いしているようで、ますます美味しくなってます。

これは生だけど火入れの燗がもっと美味しいそうな。

続いてお刺身。

中トロと赤身。黒っぽいのがカツオですが、こちら藁焼きだそうです。カフェなのに…藁焼きとはこれいかに。

フライパンや魚焼きグリルと違って、香ばしい藁の香りが口いっぱいに。

なんとフォアグラ大根まで。餡が透明なお出汁でとてもお上品です。

ここから怒涛の肉祭り

お腹もそろそろ満たされたと思った瞬間に出てきたのは、スペアリブの塊肉!!

切ってもなかなかのボリューム。

女性たちはパックでお持ち帰りしていたけど、私はもちろんお腹に収納完了。

メインはここだった!!モツ鍋です。

店主さんの自信作だそうで…カフェでこれを出しているのでしょうか。

こちらのお店の謎が深まるばかり。

味噌や醤油味が多いかと思いますが、こちらは塩味なのです。

にんにくも上にかかっているだけで、スープには使っていないのでかなりあっさりめ。

濃い味でごまかせないので、モツの質や下処理が完璧なのでしょう。臭みなくコラーゲン摂取。

最後にかぼちゃのケーキとソルベが出てきてコース終了。

このかぼちゃのケーキは普通に甘いケーキでした。

 

クリスマス前だったので、みんなでプレゼントを持ち寄って交換したり、日本酒クイズがあったりと、企画盛りだくさんな宴でした。

高層マンションの1階に店舗を構えるかわいいお店ですが、独創的なお料理にギャップ萌えです。

 

食べログ

★★★☆☆3.04 ■予算(夜):¥2,000~¥2,999…

お店へのアクセス