注目キーワード
  1. フレンチ
  2. イタリアン
  3. せんべろ

孤独のグルメにも出演!本格メキシコ料理広尾「サルシータ」

日本のメキシコ料理を牽引するお店として有名な広尾のサルシータ。

孤独のグルメでお店が紹介されてから、予約がとりにくくなったようですが、今回は常連さんにご紹介いただき初来店が叶いました。

奥まった角の席を6人で。

井之頭五郎さんが座ったのはパーテーションを挟んで隣の席でした。

今回は飲み放題とお料理がついた6,000円コース

気温が上がり始めた5月の中旬。喉の乾きをまずはビールで潤します。

飲み放題のメニューはこちら。

目玉はフローズン・マルガリータがメニューに入っているということ。

単体で飲むと1杯900円くらいするそうで、なんとも太っ腹な。

まずはお通しがてらのトルティーアチップス。

ソースはサルサとワカモーレ。

自作することの多いお料理ですが、専門店で食べたことがなく…

スパイスなどをいろいろ入れて複雑な味にしていましたが、素材の味が生きたシンプルなお料理であることが判明。

次に運ばれて来たのは、パリッと揚げたトルティーアに魚介とアボカドのサルサがのったプレート。

野菜たっぷりの揚げピザ感覚とでもいいましょうか。

エビ、タコ、アボカド、トマト、レタス、オリーブ、イタリアンパセリなど、カラフルな具材が目にも鮮やか。

味変には、オリジナルの辛いソースを。

なかなかの辛さなので、辛味が苦手な人は様子を見ながら、ちびちびとかけることをオススメします。

他にも何種類か辛さを調整するソースがありましたが、酸味と辛味のバランスが違うのでお好みを試しながら。

こちらは焼いたトルティーア。

ワカモレとサルサ、そして日本人にも馴染み安い、甘く味付けしたひき肉が内包されています。

2種類のフローズンマルガリータをオーダー

ビールを飲み終えたので、飲み放題の目玉のフローズンマルガリータを。

まずはお料理にめちゃくちゃ合うというライム味を。

チェーン店やダイニングバーで、フローズンマルガリータは何度か飲んだことはあるのですが…

今まで飲んでいたフローズン・マルガリータはなんだったのか…というような感動の初体験!

メキシコ料理には欠かせないライムの酸味も爽やかで、一口ごとにリフレッシュします。

テキーラが厳選されているようで味はもちろんのこと、氷の口溶けも新雪を含むかのように繊細です。

ただ店内がとても冷えていて、1杯飲むと寒気が…。真夏にお外で飲んだら最高だろうな。

ちょっとお腹が冷えたところで、温かいトマトのスープ。

こちらに辛いオリジナルソースをいれても美味です。

カッテージチーズとカニのサラダ。

カニがこれでもか!とふんだんに使われています。

熱い地帯のお料理なので、体を覚ますトマトをメインにした生野菜のお料理も多いんですね。

こちらがストロベリー味のフローズン・マルガリータ。

本物のいちごのソルベを使っているので、いちごの甘み、酸味、フルーティーさが広がってまるでデザートのよう。

個人的にはベリーが大好きなのでこちらのほうが好みでしたが、お料理と合わせるにはライムのほうがいいかもしれません。

お酒の盛りがすごいのですが、冷えているせいか度数はあまり感じず、酔っ払う感覚よりお腹を温めたくなりますね。