注目キーワード
  1. フレンチ
  2. イタリアン
  3. せんべろ

絶妙火入れのねぎ塩レバー!中野「牛の四文屋」

新宿や中野に展開する四文屋グループ。

系列店では一番好きな「牛の四文屋」にて気の合う仲間と新年会を開催。

土日は予約できないとのことで、開店時に即入店

いつも満席で断られてしまうので、開店と同時に即入店に成功。

2階の奥の席を大きく陣取って、宴の開催。

最初に葉物野菜が来ます。ベジファースト。

即座に牛すじの煮込みをオーダー。

トロトロに煮込まれていて、味付けも濃いめ。肉とネギしか入っていない潔さ。

物珍しさで、牛タンのコンビーフ。

コンビーフってどうやって作るのかわからないけれど、缶詰とは違って高級な味わい。

マヨネーズでジャンクに傾きます。

普段は焼き肉で食べるような部位を、串焼きで。

よく行く豚串もいいけれど、やっぱり牛のほうが好き。

串焼きの中でも突出して好評だったのが、こちらのネギ塩レバー。

火入れが絶妙で周りはパリッと香ばしく、中はとろとろ。

ネギと塩とごま油のシンプルなタレがまた絶妙で、何リピーターしたことやら。

焼き物は、こればかり頼んでしまいました。

おつまみのMAX価格は350円!

レアステーキ。和牛のたたきでした。

和牛なのに値段が安すぎて、みんな容赦なく食べたいものを注文していました。

牛テールの塩煮込み。こちらも350円。

来店時は「まだ仕込み中」とのことで断られたのですが、長時間滞在していたために「出来ました」と、声をかけて頂きました。

ちゃんと覚えていて声をかけて下さるホスピタリティも嬉しい。

そして手塩にかけたお料理がこんな価格でいただけるなんて。

四文屋名物のトドメ酒

四文屋グループには必ずあると思います。

キンミヤのストレート(25度)に梅エキスをいれた度数の高いお酒。こちらも350円。

メニューには3杯までと書いてありますが、お店のコスト的にギリなのか、飲む方が3杯でギリになるのか…

多分その両方ですね。

 

ある意味ちょい呑みの店にとんでもなく長居(5時間くらい)しましたが、一人4000円でした。

ちょい呑みなら、優良せんべろ店です。

 

食べログ

★★★☆☆3.56 ■予算(夜):¥2,000~¥2,999…

お店へのアクセス