注目キーワード
  1. フレンチ
  2. イタリアン
  3. せんべろ

富士見台「牛蔵」で深夜のA5ランクの和牛祭り

1ヶ月前に予約受付、何度も電話しないとつながらないという予約困難な焼き肉の名店。

お友達が会社を休んで予約してくれたそうです。

ありがたき幸せ。

ひたすら肉の写真が続きます

今回は初参加でお誘いいただきまして、初めましての方もたくさん。

金曜日の21時からの焼き肉タイムスタートです。

この時間から焼き肉食べちゃいけないような背徳感を感じつつ…メニューの安さに驚きを隠せず。

こういうお店はお酒で稼ぎそうですが、そういったこともなさそうな価格設定。

手始めに豚足。200円です。

スーパーで売ってるほうが高いもの。

どういう仕入れしてるんでしょう…と思ったけど、母体はお肉の問屋さんでしたね。

美しいサイコロ。霜降りのサーロインです。

いかにもこのサシの加減が、和牛です。

シンシン。こちらも美しいサシ。

これで1人前です。量もなかなか。

焼きます。じゅわわー。

ほぼレアがいい人がいましたが、これだけ脂が多いと、ちょっと落としたい感じです。

焼き肉用ではほとんど出回らないという希少部位「ちまき」

すね肉のようですね。

普通は煮込みとかひき肉になってしまうようですが、牛1頭から1キロほどしか取れないそうです。

こうやってみると、ちょっと筋が多いけれど、旨味が広がって美味。

ブリスケ。前足の付け根あたりの前側のお肉。

柔らかい肉質からグラデーションのようにだんだん硬くなっていくため、焼肉として食べられるのは、全体の1~2割ほどだそう。

もちろん柔らかい肉質なので、焼きしゃぶ風に両面3秒ずつ炙って頂きます。

ここでタン塩。

ゲタカルビ脂が多く肉の味も濃厚でこってり。

牛の肋骨についたお肉。赤身・脂身が層になっているバラ肉。

焼き肉専用という、カベルネ・ソーヴィニヨンのワイン。

赤というより桑の実のように真っ黒です。

和牛は脂が多いので、タンニン多くて渋いほうがあうかもしれませんね。

中肉。外もものお肉。

見た目は霜が降りやわらかそうだけど、筋肉質で噛み締めながら食べるお肉。

ふわふわの和牛ハンバーグ。

こちらも大人気商品のようです。

カイノミ。適度なサシと柔らかな肉質が特徴でハラミに似た食感。

肩三角。

サシも多めですが、赤身も多く、こちらもさっと炙って。

最後に一番脂の少ない上モモ。

8人でお邪魔して、2人前ずつたくさん種類を食べましたが、これでも全部写真が撮れていません。

安いのと人数が多かったので、希少部位を含めたくさんの種類の和牛を贅沢に楽しみました。

それでもシメは食べるんです。カルビクッパ。

 

これだけ高級肉三昧して、驚愕のお一人様5500円!!!

こんなに人気店なのに、店員さんがお客さんを邪険にすることもなく、ちゃんとホスピタリティを感じるおもてなしでした。

これは、並ぶはずです。予約取れないはずです。

 

会社休んで予約とってくれたお友達に心から感謝です。

 

食べログ

焼肉問屋 牛蔵/ヤキニクドンヤ ギュウゾウ (富士見台/焼肉)の店舗情報は食べログでチェック! 【禁煙】口コミや評価、写…

お店へのアクセス