注目キーワード
  1. フレンチ
  2. イタリアン
  3. せんべろ

星獲得の一軒家レストラン 白銀台「ルカンケ」

お誕生日が近いお友達と、星付きのご褒美レストランでお祝い。

ミシュラン一つ星獲得の小さな一軒家のレストランです。

ワインのペアリングとディナーコース

ドレッシーな服装の先客が1組。

ドレスコードがあり、あまりにもカジュアルすぎる格好は禁止みたいです。

ディナーコースと合わせて、ワインのペアリングもセットでお願いしましたが、ボトルの写真が撮れなかったので、ご紹介は割愛します。

アペリティフは石に見立てたパンとリエット。

下に敷いてある石は本物ですが、リエットが乗っていなければ見分けが難しい、遊び心溢れる先付け。

炭を練り込んだ全粒粉のパンに、豚のリエットが乗ってます。

お次は、アミューズ。

左はサンマのテリーヌ。上に透明なトマトのジュレが乗ってます。

右はサンマの肝を使ったアイスと、クリームチーズにキャビア。

真ん中のセロリのサラダも繊細な装飾も含め、丁寧に作られています。

サンマのテリーヌは美しく形を保ち、何層にもかさなっています。

肝のアイスは、まさしく焼きサンマの肝の味ですが、苦味やら臭みやらもちろん小骨も入ってないので、低温調理したレバーのような舌触り。

オードブルは、鱧と茄子のフリット。

フリットの衣は炭が混ぜられていて、真っ黒。でもって、頑丈でカリカリ。

赤いのはビーツのソースで、まるで鮮血が飛び散っているような斬新な盛り付け。

紫蘇のソースと、蕎麦や枝豆を細かく刻んた添え物と合わせて色々な味で頂きます。

ペアリングのワインは、3つのぶどうを混ぜて作った爽やかな白。

酸味が強い割には後を引かないので飲みやすいです。

2つめのオードブルは、中身が全然見えないけど、栗のリゾットとフォアグラ。

トリュフと栗のチップがたっぷりかかっています。トリュフの下がフォアグラです。

フォアグラも美味しかったけど、栗のリゾットが上品な甘さで美味。

ペアリングのワインはピノ・ノワールの軽めの赤。

フォアグラといったら貴腐のイメージだったけど、全体的に甘い料理なので、すっきりとした赤が対照的で合いますね。