注目キーワード
  1. フレンチ
  2. イタリアン
  3. せんべろ

高田馬場「トラットリア ダイ パエサーニ」でアブルッツォの郷土料理を

日本で唯一、本格的なアブルッツォ州の郷土料理が食べられるお店。

こちらのシェフは以前イタリア大使館に勤めていらしたそうです。

イタリアのふくらはぎあたり

地図で調べたら、イタリアのふくらはぎのあたり。

すごいワインが置いてあります。15Lだとか。反対側に18Lも。

ワインってボトルサイズが大きくなると、値段が数倍に跳ね上がるそうで…

一升瓶のほうが割安になる日本酒とは違うんですね。

まずはスプマンテで乾杯です。

塩分高な爆盛すぎる前菜

シェフがサラミ職人とかで、すべて手作業で仕込んでるんだそう。

その他にも、生ハムってこんなに種類あるんだねってくらい、いろんな名前を聞きましたが、ほとんど覚えられず…

海老のフリットやら、5年ももつ!と豪語しているピクルスとか、チーズボールを揚げて、トマトソースで煮込んだものやら、取り分けても盛りだくさん。

とにかく味が濃いです。イタリア人はワインと合わせるので、味が薄いとワインに負けるとか。

日本人に味覚にあわせることなく本場の郷土料理を提供してるみたいです。

ご一緒したみなさんはイタリア旅行をよくされているので、この塩分に慣れているようですが、喉が乾くし、味の中和でフォカッチャばかり食べてしまいます。

アブルッツォの絶対王者

ワインがこちら。エミディオペペなるアブルッツォの絶対王者的ワイナリーだそう。

すべて手づくりで、今でも足でぶどうを踏み潰しているんだとか。

有機栽培のぶどうを丁寧につくって、あとは酵母すら入れずに発酵するそう。

とにかく想像を絶する手間がかかるので、とっても希少なワイン。

お花のような、パインのような華やかな香りで、酸が炭酸のように感じるピリピリ感、そこに甘味と深いコク。

今まで飲んだ白ワインの中で一番おいしいと感じました。

 

パスタは2種。サフランソースのペコリーノラビオリ。

ラム肉のパッパルデッレ。超幅広いパスタですね。

※暗いし遠いしでボケボケです。

ソースがとっても奥深くておいしいです。サフランも最高級品だとか。

パスタの塩分はちょうどよかった。

そしてまたしても、エミディオペペの赤が。不思議なデキャンタで注いでくれます。

ベリー系の香りで、エレガントな果実味。

ワインに明るくない私でも、これもとても素晴らしく感じました。