注目キーワード
  1. フレンチ
  2. イタリアン
  3. せんべろ

コスパ抜群の吉祥寺イタリアン「トラットリア チッチョ」

心地良いサービスと美味しいお料理を食べさせてくれるそうで、まだ出来たばかりだというのに大人気!

平日から満員御礼。

最初は泡でいきますか!って…注いでもらったら…

お客の心を掴む!太っ腹な演出

シャンパングラスにギリギリ目一杯!!!

半分ちょっとまでしか注いでくれずに、「少なっ!!!」って思う事はあっても、ここまで余白なく注いでくれるお店は初めて。

これでいきなりテンション上がっちゃうから~お客さんの心をよくわかってる。

日本酒のように一口すすってから乾杯!

新玉ねぎのムースとクレソンのサラダ。

真ん中に、種子島の甘い新玉ねぎのムース。赤いのは、セミドライのトマト。こちらも甘い。

クレソンが苦い野菜なので、ドレッシングも含めてやや甘く仕上げてます。

最初からヒットです!

スチームして冷やした豚ヒレのうえに、まさかのヨーグルトと夏みかんです。

バケットのように見えるのが、豚肉なんです。

 

豚はフルーツと相性がいいので、これが不思議なことに違和感なくマッチしているのです。

素人には絶対に思いつかないアイデア。

鶏のレバーペースト。

上にコショウがタップリとかかっています。塩分高めでお酒にあうように。

ペーストって柔らかさがお店によって色々ですが、こちらはとろとろタイプ。

メインに合わせて、ミネラル感のある、重めの白をチョイス!

ローマのあるラツィオ州の白ワイン。

即興アレンジに応えてくれる!

ホタテ、ムール貝、アサリの白ワイン蒸し。

厚手の鍋で香りが逃げないように蒸されているので、フタを開けた途端、湯気とともに海の香りに包まれます。

ムール貝って、場合によってはすごく臭いんですけど、全然臭みがなく安心して食べられました。

貝の旨味がすごいので、パンを何個か頼んで吸わせたけれど、まだまだたくさん残ってる。

カウンターだったんで、店員さんに、

「これ美味しいだし汁が、もったいないのでパスタにしてもらえませんか。」

と言ったら2つ返事で引き受けてくれました。

お客の要望に即興で応えてくれるのって、大切にしてもらってるな…っていう満足度が上がりますね。

鴨胸肉のロースト。下にはゴルゴンゾーラのリゾット。

ソースはバルサミコ酢です。

鴨の味が野生っぽいのでシャランかな。そして、バルサミコ酢の甘さ。

ゴルゴンゾーラのリゾットは塩分が高めで、クセのあるものをガッツリ合わせているのに、どれも主張しながら調和しています。

先ほど頼んだ貝の出汁で作ったパスタがやってきました!

それに、始めから2つに分けてくれてあります。量もシメに食べるならこのくらいがちょうどいいですね。

最後に、カタナーラ。冷凍プリンみたいなデザートですね。

玉子が濃厚な大人のデザート。コーヒーで〆ました。

 

何度か通って顔を覚えられると、前回食べたものとか、ワインの好みなどをデータ化しているようで、お客さんの好みや要望に近いものを、お店側が先におすすめしてくるそうです。

ホスピタリティが素晴らしくて、またすぐにでも行きたいお店です!

食べログ

★★★☆☆3.69 ■予算(夜):¥4,000~¥4,999…

お店へのアクセス